Beautiful News

化粧品・ファッション・健康(食品)・ダイエットなどの情報をお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は冬に備えてぜひ心がけてほしいポイントをお伝えします。

「体を冷やすのは健康に良くない。」これは皆さん、良くご存知ですね。でもあまりにも情報が多すぎて実際に何をどうすればいいのか迷っている方も多いはずです。

そこで今日は、2つのポイントに絞ってお話します。特に女性の方でダイエット中の方はぜひ参考にしてくださいね。
【ポイント1】
体を冷やさない=体温を逃がさない → 上に一枚余計に着る。

あまりに当たり前すぎましたか? でも実際にはこれ、実行してない人多いですよ。特に出かけるときは、気合でのりきろうとしてませんか?

実は、人間の体は良くできていて、薄着で体を冷やし続けるとこれ以上冷やさないようにと脳から「脂肪をできるだけ使うな!にとにかく蓄えろ!」との指令が出されます。

簡単に言うと、体を冷やすと「太りやすく、かつ痩せにくい」体質になるということです。特に女性の体はこの指令に忠実なんです。

逆にきちんと保温を心掛けることで必要以上に脂肪を蓄えることはなくなるわけです。「もう少し腿の当たり、細くならないかな~!」という前に保温です、保温!!


【ポイント2】
次は食するものについてですね。食品には体を冷やすものと温めるものがあります。ご参考に。
たとえば飲み物。寒い季節はコーヒーは体を冷やす飲み物なので、朝は体を温める作用のある紅茶がお奨めです。そして、冷えすぎた飲み物は控えめに。冷蔵庫から出してすぐ飲まずに、少しおいてから。その方が胃にもやさしいのです。

また、お肉の好きな人には、牛肉よりも、鳥や豚肉がお勧めです。また、一番体を温める作用があるのは羊の肉なんですよ。


―これも試して!―
健康の最大の敵はご存知のとおりストレスでしょうね。ストレスを和らげてくれるとっておきの飲み物、教えます。
普通の紅茶に生姜を薄く切ったものを2枚(量はお好みで)ほど落とし、さらに黒砂糖をひとかけら入れて飲んでみてください。

ほんのり甘く香ばしい、そして体が芯から温まりますよ。私のお気に入りです。どうぞ、お試しを。男ですが私も大好きな飲み物です。
(引用:ツカサネット新聞 or ライブドアニュース)
2008.09.30 11:39 | ダイエット | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。