Beautiful News

化粧品・ファッション・健康(食品)・ダイエットなどの情報をお届けします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

夏に向けてのダイエットも、そろそろ本腰を入れなければ間に合わなくなる! と重い腰を上げる独女が増える時期ではないだろうか? その腰をフルに使いまくって、理想のウエストを作ると言う話題のDVDがコアリズム

「重要な部分」「中心部」を意味するコア。その名の通り、身体の中心・腹筋を鍛えるプログラムで、下腹の余計な脂肪を落とし、ウエストのくびれを作り、理想的な縦の筋肉ラインを手に入れられるとか。独女にも人気の「杉本彩も大絶賛!」なんて宣伝をされては、挑戦したくなるではないか。

まずは基本の動きを身に付けるディスクから。腹筋・側筋を意識しながら、腰を左右に突き出し、上半身は逆方向へ。これを身体に覚えこませ、徐々に動きの幅を広げて行くのだが、インストラクターに指示されて、肩の高さにキープした腕はだるくなり、軽く膝を曲げた状態の太ももはプルプル。腹筋メインのエクササイズのはずが、そこへ行き着く以前に身体が音を上げ始め、日頃の運動不足を実感してしまう。

そのうち、相変わらずの腰フリに膝を使ったアップダウンの動きをプラス、両手を前に出して指をパチンパチンとリズミカルに鳴らすように促される。「そう!ウエストサイドストーリーみたいにね! 素敵よ!」と、画面の中のインストラクターは満面の笑みだ。一応指示通りに指を鳴らすものの、深夜に一人ウエストサイドストーリーは恥ずかしすぎる。指パッチンも、激しい腰フリも誰にも見せたくない。やっぱり、ダイエットは見えない努力の塊なのかと思った。

基本編を終え、やっと本編のディスクに挑戦。動きそのものは、基本編でマスターした単純なものなのに、テンポアップして本格的なダンスステップになった瞬間に着いて行けなくなるから不思議。我ながら何とセンスのないことよ。気がつけば「あらあら、楽しそうねー」と、完全に戦線離脱して他人事のように画面をぼんやり見つめていた。

そんな出来の悪い生徒の存在を見越してか、このDVDにはヘルプ画面が付いている。動きが速くて訳が分からなくなってしまった時、そのステップの説明をしてくれる、言わば補習のようなもの。落ちこぼれを自認する私がコアリズムを始めて1週間。ヘルプ画面に釘付けの補習組を卒業して、ダンスを楽しめる日はいつやってくるのだろう。ウエストのくびれと、縦の筋肉ラインは更にその先か・・・。私に関して言えば、来年の夏に向けてのダイエットになりそうだ。

ビリー隊長ほど厳しくなく、カルメンほどの甘さもない。両者の中間くらいのキツさは程良くて、ダンスが好きなリズム感のある人にはおすすめ。ただし、そうでない私のような人には、慣れないラテンダンスに勤しむ不恰好な自分を約40分間直視しなければならないと言う精神的苦痛が伴うので、覚悟を決めて挑んでいただきたい。(オフィスエムツー/矢島由紀子)
(引用:ライブドアニュース)
2008.06.01 11:48 | ダイエット | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。